公開中の無料EA「Scal-X Public Beta」

「Scal-X Public Beta」のリアルテスト

先日公開した「Scal-X Public Beta」、リアル口座でテストし始めたばかりでしたが昨日初ポジを勝利で飾れました。

興味のある方は、「ツール置き場」の下の方においてあるので、ご自由にダウンロードして見てください。

*リアル口座での稼働は自己責任でお願いします。

ちなみに、公開しているものと今テストしているものはパラメーターの設定は全く同一です。 テスト口座のEAは以下のような感じで、ほぼ期待通りの場所でポジリました。

*EA名等は、仮なので気にしないでください。

まず、このEAのポイントの一つが、トレンドを判断するフィルターの感度が高いところです。

1.で価格が上がってきて反転して、2.のように下がってきたわけですが、他のEAの場合はまだショートポジションを取るには早いと判断しているところの 3.でショートポジションを取っています。

4.の決済はTPではなくトレーリングストップにかかっての決済でした。

そこから値を戻して、5.のところで再度ショートポジションをとりました。

押し戻りを獲る戦略なので6.のような値動きを期待してのポジションなのですが、ニューヨーク時間が終わり、オセアニア〜東京時間と動きにくいレンジに入り勝負がつきませんでした。

概ね、良くも悪くも期待通りの動きなので少し安心しました。

単にトレンド判断のフィルターの感度が高いだけでは、騙し似合う確率が上がり決して勝てないのですが、もう一つフィルターを組み合わせて騙しを低減したつもりです。

バックテストでは良好ですが、リアルの実績がなく心配な点がいくつかあります。

あと、感度を上げたことによりロングポジションとショートポジションを両方保有することがたまにあるようです。

今回の「Scal-X Public Beta」はテスト中のEAの中では、非常に良い方です。

最後までテストをクリアしてポートフォリオに入れられるかは現段階ではなんとも言えませんが、期待はしています。

余談ですが、他にもリアル口座でテスト中のEAはあるのですが、大体はダメなのが多いです。

恥ずかしい話ですが、行けそうなEAのリアルテストで年間10万円くらいかそれ以上は負けていますwww

ただ、このテストなしで本格稼働、ロットを掛けた勝負などは絶対にできないので必要経費と割り切って諦めてます。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る


コメントの入力は終了しました。