FOMCを終えて(2017年9月21日)

今回のFOMCについて

FRB(米連邦準備理事会)は今回のFOMC(連邦公開市場委員会)でバランスシートの縮小に10月から着手することを決めたようです。
政策金利については、予想どおり据え置きでした。
しかし、このところインフレ率が低迷しているにもかかわらず、年内にあと1回の利上げを行うことを示唆しました。(ちょっと無理がないかい?)

このFOMC声明を受けて、ドルが買われ米国株は一瞬売られました。

<EURUSD_M15>

<USDJPY_M15>

今回のFOMCでの変動幅は、EURUSDで160pipsほど、USDJPYで130pipsほどでした。

自動売買は事前に止めておりましたが、前日から持っておりました「Scal-3_AUDUSD」のショートポジションが残念ながらFOMCの前にストップに掛かってしまいました。

FOMCまで耐えてくれれば、利確できるかも….と思いましたが、FOMCに至るまでの上昇局面で狩られました。
Scal-3のAUDUSDについては、調子がイマイチなので先日からパラメーターの最適化をしています。パフォーマンスを改善できそうなセットファイルができれば、公開しようと思います。

今朝からMT4を再開したのですが、早速スキャルピング系の無料EAがいくつか利確していました。
引き続き頑張って欲しいと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る 








コメントの入力は終了しました。