今週の経済指標(201710月2日)

今週の経済指標

今週の主なスケジュールは以下のような感じです。 ※日付と時間は日本時間表記です。

今週の主な経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 10月2日08:50日・日銀短観(製造業業況)JPY
13:30加・BOC企業景況感調査CAD
16:55独・製造業PMI 改定値EUR
17:00欧・製造業PMI 改定値EUR
17:30英・製造業PMIGBP
18:00欧・失業率EUR
23:00米・ISM製造業PMIUSD
火曜日
 10月3日09:30豪・住宅建設許可件数AUD
12:30豪・豪準備銀行(RBA) 政策金利AUD
17:30英・建設業PMIGBP
18:00欧・生産者物価指数PPIEUR
水曜日
 10月4日16:50仏・サービス業PMI 改定値EUR
16:55独・サービス業PMI 改定値EUR
17:00欧・サービス業PMI 改定値EUR
17:30英・サービス業PMIGBP
18:00欧・小売売上高EUR
21:15米・ADP民間雇用統計USD
23:00米・ISM非製造業PMIUSD
23:30米・EIA石油在庫統計USD&CAD
木曜日
 10月5日04:15米・イェレンFRB議長 発言USD
09:30豪・小売売上高、貿易収支AUD
16:15スイス・消費者物価指数CPICHF
20:30欧・欧州中央銀行(ECB)会合 議事録EUR
21:30米・新規失業保険申請件数、貿易収支USD
21:30加・貿易収支CAD
金曜日
 10月6日15:00独・製造業新規受注EUR
21:30加・雇用者数変化、失業率CAD
21:30米・非農業部門雇用者数、賃金上昇率、失業率USD

詳しくは、XM経済指標カレンダー   今週は月初めで指標がたくさんありますが、注目は何と言っても「米国雇用統計」です。

さ〜 みなさん、賭場が開きますよ!

今回の市場予想は+8万人〜+15万人くらいを予想しているところが多いように思います。

ん〜〜〜、中間で見て+12万人くらい? と考えてもやけに低いように感じます。

いろいろ調べて見ると、今回の統計にはハリケーンの影響が一時的に出ているらしく、各社一様にその影響で予想値が低いようです。 まったく予想できませんが、前回の+15.6万人以上ですとさすがにドルの爆買いになるかもしれませんが、なんとも言えません。

自動売買のポジションがある場合は十分に注意しなければいけませんが、別口座に1万円くらいいれて、丁半博打するのも面白いですよ。

私の場合は急騰急落の後の戻りを狙って仕掛けることが多いのですが、まだまだ人に言えるレベルには遠いです。

しかし、かなりの確率で相場が急変しボラがグッとあがるので、チャンスでもあることは間違えないと思います。

今週の私の戦略は、(+15.6万人)前回以上ならドル買い方向へ、それ以下ならどちらへ振れても逆張りで行ってみようかな…….と考えています。

やはり雇用統計が目立ちますが、他には木曜日の米国貿易収支も多少影響すると思います。

また、中国が国慶節で1週間マーケットが休みです。大きな影響は無いと思いますが、「ロケットマン」しだいかな…とも思います。

先月、先々月と非常に調子の良い当サイトの無料EAですが、今月も頑張って欲しいと思います。

*** 先日、スキャルピングEA「Scal-3」のセットファイルの更新と追加したものがありますが、利用される場合は一応、控えめのロットからの運用をしてください。

まぁ、いきなり勝負ロットを突っ込む人はいないと思いますが….

あと、当サイトの無料EAだけでも相当数あるので、マジックナンバーの重複には十分注意してください。

今月も慎重に、頑張りましょう。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る


コメントの入力は終了しました。