今週の経済指標(2017年10月9日)

今週の経済指標

今週の主な経済指標等は以下のような感じです。

*日本時間表記です。

今週の主な経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 10月9日10:45中国・Caixinサービス業PMICNH&AUD
15:00独・鉱工業生産EUR
火曜日
 10月10日08:50日・国際収支(貿易収支/経常収支)JPY
09:30日・黒田日銀総裁 発言JPY
09:30豪・NAB企業景況感指数AUD
15:00独・貿易収支、経常収支EUR
17:30英・製造業生産、鉱工業生産、貿易収支GBP
21:00英・NIESR GDP予測GBP
21:15加・住宅着工件数CAD
水曜日
 10月11日08:50日・機械受注JPY
23:30米・EIA石油在庫統計USD&CAD
木曜日
 10月12日03:00米・FOMC議事録USD
18:00欧・鉱工業生産EUR
21:30米・新規失業保険申請件数、生産者物価指数PPIUSD
23:15欧・ドラギECB総裁 発言EUR
金曜日
 10月13日未定中国・貿易収支(人民元/米ドル)CNH&AUD
15:00独・消費者物価指数CPI 改定値EUR
21:30米・消費者物価指数CPI、小売売上高USD
23:00米・ミシガン大学消費者信頼感 速報値USD
26:00米・ベーカーヒューズ掘削リグ稼動数USD&CAD
28:30米・CFTC先物純ポジションMAJORS

先週は雇用統計でしたが、今週もいくつか注目されるイベントがあり自動売買でポジションを持っていた場合、どうしようか悩ましい局面になる可能性があります。

まず火曜日、イギリスの貿易収支の発表があります。普通はあまり注意するところでは無いと思いますが、ここ最近はイギリスに対するニュースによく反応するように思うので、注意した方がいいかもしれません。

それに最近のポンドルの日足チャートを見るとサポートラインに近づいてきているように思いますので…..

そして、木曜日はFOMC議事録の発表です。今回はイエレンさんの会見は無いのでハプニングは起きにくいと思いますが、議事録の表現一つでドルは過敏に反応することがあるのでやはり注意が必要だと思います。

個人的に注目しているのは金曜日の「米・消費者物価指数CPI、小売売上高」です。

日本時間の金曜日の夜なのでMT4はすでに止めているので自動売買には影響ないのですが、「消費者物価指数CPI」というのはほぼインフレ率に相当する数値です。

このCPIと同時発表の「小売売上高」と合わせて、年内に再利上げをするのかどうかの非常に重要な指標になると思います。

特に裁量トレードをしている人はちょっと深読みすると面白いかもしれません。

今週もなかなか気の抜けないイベントがありますが

慎重に頑張りましょう。

>>XM経済指標カレンダー

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。