XMでデモ口座を作ろう

無料でデモトレードをやってみよう

FX取引が、先物や株などと大きく違って優れていることの一つにデモ口座環境があります。

国内業者は別ですが、世界的なスタンダードのMT4プラットホームであれば、多くのFXブローカーでデモ口座を無料で提供しています。

当然XMにおいても無料でデモ口座を提供しています。

デモ口座の利点といえば、無料でリアル口座と同じように売買のシミュレーションをできることにあります。

リアル口座との違いは、当たり前ですが、実際にリアルマネーがかかっていないので、勝っても負けても損得がありません。

また、値動きのデータが微妙にリアルとは違うことがあります。それに雇用統計などの重要指標時はリアル口座よりもチャートがちょっとだけ固まりやすいように思います。ブローカーとしてはサーバーの負荷が上がる時はリアル口座を優先しているのではないかと思います。

もう一つ、リアル口座の場合はオーダーを出すと自分のマシンからXMのリアル口座のサーバーに注文が届き、そこで注文の処理を行い、完了したら結果を自分のマシンに送って来るという一連の通信と処理が行われるのですが、デモ口座の場合は実際の注文処理を行いません。多少値動きが激しい時でも価格のスリップがほぼ起こらずに約定します。

このあたりがリアル取引とちょっと違う点ではあります。

それらの関係で、自動売買でEAを動かす場合はデモ口座の方が成績が良くなることがあります。裁量トレードの場合は影響は少ないように思います。

デモ口座といえども、MT4標準搭載の多彩なインジケーターや分析ツールを使うことができます。またリアル口座と同じように他のインジケーターを入れて使うこともできます。

現在裁量トレードをやっている人は、ストラテジーの検証などに必需品だと思います。

また、これからFXを始めてみようと思う人には、無料でMT4プラットホームのフル機能を使えて、慣れることができるができるデモ口座は強い味方になると思います。

昔、先物とか株とかやってた頃はデモ口座なんてものはなかったので、いきなりリアル売買が普通でした。

今は非常に便利で良い世の中になったもんです………

しかし、一つだけ注意が必要です。

デモ口座の本質的問題なのですが、お金がかかっていないが故に心理的プレッシャーがありません。どんなに含み損を抱えていても平常心で冷静にいられます。

(リアルではなかなかそうはいかないのではないでしょうか。)

これが、デモ口座では勝てるけどリアルになると勝てなくなる大きな原因の一つだと思います。

これからFXを始める人は、デモ口座で十分練習を積むことは非常に有意義ですが、次のステップとしてですが、リアリ口座で「0.01ロット」でのトレードを行うようにすると良いと思います。

「0.01ロット」といえど、リアルマネーがかかっているとムードはガラッと変わります。

仮に30pipsくらい負けたら、300円前後は実際にお金を失いますので、損害ゼロのデモ口座とはやはり心理的に違うと思います。

「0.01ロット」であれば、パチンコと同等かそれ以下のお金の動きになるのではないでしょうか。最初はこのくらいからでも良いように思います。

XMの場合は、初めてリアル口座を作った人にボーナスとして3000円相当の証拠金がプレゼントされますので、デモからリアルトレードの移行がよりスムーズにできると思います。

*さらに小さなロットでできるマイクロ口座もあります。

ロットを少しずつ上げるのはそれからでも遅くはありません。

FXに興味はあるけどやったことがない人は、まず気軽にデモ口座を作ってやって見ると良いと思います。

*XMのデモ口座開設ページが開きます

***

自動売買でのEAのバックテストをする場合は、ヒストリカルデータの制度の関係でアルパリのデモ口座をオススメしています。

詳しくは「正しいバックテストのやり方」からどうぞ。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る