ハイレバ+ゼロカットの有効な使い方

ハイレバ+ゼロカットの有効な使い方


ハイレバは危険というのはもう耳にタコができるくらい聞いたことですが、多くの人は、正しいハイレバの使い方を解っていないように思いますので、私なりの解釈を一度説明しようと思います。

私は、ハイレバゼロカットこそ、もっともローリスクでハイリターンを追求できる方法だと思います。それは、MT4の自動売買でも、裁量取引であっても同じだと思います。

海外FXをやるにあたって、私が考えるメリットはいろいろあります。

XMのメリットとして、NDD方式と多彩なボーナスプログラム、ポイント制度をあげる人も多いのですが、今回は、ハイレバとゼロカットにフォーカスして国内業者と比較しながら投資効率、リスク管理という観点から解説しようと思います。
まずは言葉の説明から。ハイレバとは、ハイレバレッジの略で、XMの場合は最高888倍です。海外の場合は100~1000倍くらいまであり、その中でもXMはかなり高い方の部類に入ります。

それに対して、国内のFXブローカーの場合は規制により一律25倍です。このレバレッジとは、通貨を売買するときにその売買金額の何分の一を証拠金として必要とするかが、レバレッジ倍率です。888倍の場合は、実際の売買代金の888分の1が証拠金として必要です。25倍の場合は、実際の売買代金の25分の1が証拠金として必要になります。

具体的にポジションを持つときの証拠金を比較してみると、USDJPYを120円で10000通貨(スタンダード口座で 0.1ロット)、ポジションを建てるとき、XMの場合は、約1351円 の証拠金が必要です。

一般的な国内業社の場合は、48000円の証拠金が必要になります。

*計算式は、( 約定レート X 通貨数量 ÷ レバレッジ )が必要証拠金です。

1351円 と 48000円、これだけ必要証拠金が違うのです。

仮に0.1ロットで3ポジション同時に持つ可能性のあるEAを稼働させるとします。または、裁量取引で0.1ロットで3ポジションまで建てる売買を行う場合を考えて見ます。

仮に、許容する最大ドローダウンが50000円とし、余剰資金を最大ドローダウンと同額程度とした場合、大雑把にうと、XMの場合は、必要証拠金が 4053円 と、許容するドローダウンの50000円+余剰資金が50000円、合計で約10万円程入金で、このEAを稼働させることができます。

では、レバレッジ25倍の国内ブローカーの場合はどうかというと、証拠金が144000円、許容するドローダウンと余剰資金は同程度とした場合は、244000円、必要になります。

この2つのどちらの場合も、ポジションサイズが同じなので、値動きに対するリターンや損出は同じです。同じリターンを期待する場合、XMなら10万円国内業者なら244000円必要になります。

この場合の 2.4倍の差これが投資効率の差です。

また、この利益を資金に組み込んで許容できる最大ドローダウンを資金に合わせて大きくしていき、ロットを上げていった場合(複利)、この差は想像以上に莫大なものになります。

次に資金管理の面からハイレバの正しい使い方を説明します。

まず、運用資金の何パーセントまで、(FXでの)損出を許容できるか考えてください。

計算をわかりやすくるるため、運用資金が100万円で、許容できるリスクが15%(15万円)とします。しょっちゅう入金するのも手数料などの問題もあるので、余剰資金も15%(15万円)とします。

そして、仮に15万円のドローダウンになるような場合の、同時にとるポジションの合計を1.0 ロットと仮定します。(バックテストなどから推測)

XMの場合、証拠金は少額なので無視してもいいくらいですが(USDJPYの場合)13500円、

「100万円の運用資金に対して、32万円くらいの口座入金があれば、十分に15%リスクの売買ができる。」

ということになります。

同じ条件で国内業者の場合を考えてみます。

許容できるリスクと余剰金は同じで合計30万円ですが、証拠金が 48万円 必要になります。

つまり、同じ取引をするのに78万円 口座に入れておかなければいけないということです。

気づいていただけましたでしょうか?

私が言いたいことは、「運用資金を全額口座にぶち込む必要はない。」ということです。

少額の場合は、運用資金=口座資金になるのは仕方ありませんが、運用資金が百万円以上ある場合は、許容するリスクの2倍程度、もしくは運用資金の半分くらいを目安に口座に資金を入れておくと良いと思います。

資金が増えたら、全体の運用資金に対して口座資金が一定なるように出金するようにしていくと良いと思います。

さらにこれにはもう一つ重要な意味があります。ゼロカットのXMの場合、最大のリスクは口座のお金が飛ぶことです。何かの事件があったりして、ポジションがあるときに相場が暴騰もしくは暴落して口座がマイナスになる可能性もゼロではありません。記憶に新しいところでは、2015年1月のフランショック。

サイドメニューの「なぜXMなのか?、メリットとデメリット」にも書きましたが、この時にフランを触っていた人の中には、口座が飛んだ人もけっこういると思います。

この時、5分で1500pips以上、20分で3500pips以上一気に値段が動きました。

いわゆる「無慈悲なる超絶ガラ」、もしくは「ギガ馬淫」です。

これはもう不運としか言いようがありませんが、遭遇する確率はゼロではありません。運悪くこういう事態に巻き込まれてしまった場合、口座資金が全部無くなる可能性が高いと思います。

マイナスになった分は請求されず、しばらくすると口座はゼロにリセットされます。これがゼロカットです。

このゼロカットを食らうことがXMにおける、最大のリスクです。

こういう場合に、XMの先程の例では運用資金の100万円のうち、32万円は無くなりますが、68万円残っています。一旦冷静になって、もう一度入金してやり直すことは可能です。しかし、運用資金を全額口座に入れていた場合はおそらく全て無くなって、運用資金を失い当分は再起不能になります。

では国内業者の場合はどうかというと、口座残高はマイナスになり追証が発生します。

国内業者の統計でこの時の追証は一人平均170万円だったそうです。

つまりゼロカットではないレバレッジ25倍の国内業者の場合は、先程の例えで言うと口座資金の78万円が全て無くなり、さらに追証で170万円支払わされる羽目になったわけです。

口座が飛んだだけではなく、借金まで抱えることになった人も大勢いると思います。

なんだか国内ブローカーをディスるようなことばかりですが、これがハイレバレッジが危険でローレバレッジがあたかも安全かのように流布されていることの実態であり真実です。

ハイレバレッジは決して危険ではなく、むしろ投資効率を上げる非常に有効な手段です。

そして、ゼロカットこそトレーダーの命を守る、まさに命綱だと思います。「ローレバ+追証システム」が安全というのは決してトレーダーにとっての話ではなく、ブローカーにとって都合がよく、安全で儲かるシステムということです。

まとめ

ハイレバ、ゼロカットの正しい利用の仕方とメリットは、運用資金を全額口座に入金せずに、許容できるリスクの2倍から運用資金の半分程度を口座に入金することにより、万一の事態から資金を守りつつ、十分なリターンの追求をできるというところだと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る


スポンサードリンク







>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る

コメントの入力は終了しました。