Scal-5のパラメーターファイルを更新しました

Scal-5のパラメータファイルを更新しました

MT4のポートフォリオの中で今ひとつ調子が出ない無料EA「Scal-5」のセットファイルを更新しました。

このスキャルピングEAはUSDCHFのペアで稼働させている関係で、パラメーター最適化のバックテスト期間をフランショック以降で行っているので、テスト期間が短くやや不安要素があります。

他の無料EAに関しては8年〜9年のテスト期間でバックテストして最適化してるのですが、このEAだけは2年半くらいのテスト期間しか取っていないので定期的にパラメーターの見直しが必要だとは思っていました。(フランショック以前の相場は使えないので….)

では、今回のパラメーターファイルと以前のパラメーターファイルでのバックテスト結果を比較していきます。

テスト期間はフランショックのドタバタが収まった頃の2015年3月2日から2017年10月21日(先週末)までの期間で行っています。条件は全て100万円スタートの0.1ロット固定、スプレッドは3.2pipsと厳しめで見ています。

まずは、いままでのパラメーターファイルによるバックテスト結果から。

<Longのみ>

<Shortのみ>

<Totalデータ>

旧パラメーターファイル(セットファイル)は、今回のものよりさらにテスト期間が短かったので、どうしてもカーブフィッティング気味になってしまい作成後のパフォーマンスが今ひとつよくありません。


次に、今回新しく更新したパラメーターファイルによるバックテストです。

<Longのみ>

<Short>のみ

<Totalデータ>

トータルでの細かい数値の比較をすると……

*2015.03.02〜2017.10.21、0.1 固定ロット、スプレッド3.2pipsでテスト

旧パラメータ新パラメータ変化
純利益47,1261円505,834円+34,573円
プロフィットファクター2.603.28+0.68
最大ドローダウン114,552円97,964円-16,588円
勝率92.24%92.92%+0.68%
取引回数851 回791 回-60 回

全般的に見るとかなり改善しているように思います。

特にショートポジションのパフォーマンスが良くなかったのですが、今後は多少改善してくれるのではないかと思います。

当サイトのMT4無料EAをご利用の方は、既にダウンロードリンク内のファイルを更新してありますので、この無料EAを稼働させている方、興味のある方はダウンロードして見てください。

パラメーターファイル(セットファイル)を更新する場合は、マジックナンバーと取引ロットの設定は十分に確認してください。

*今回セットファイルは利用者の方に1日でも早く届けたかったので、超スピードでダウンロードリンクの入れ替え作業を行いました。

なにぶん全てマニュファクチャリングなので、万一「俺のところは入れ替わってないぞ〜」という方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

今回の新しいパラメーターのファイル名は「Scal-5-USDCHF-M5-Long-201710.set」「Scal-5-USDCHF-M5-Short-201710.set」の2つです。

よろしくお願いします。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。