今週の経済指標(2017年11月13日)

今週の経済指標

ここ最近のレンジとボラティリティーの低下で元気の出ないEAが多い中、少し経済指標に期待したくなります。

いろいろ重要そうな指標などはあるものの大きなインパクトとなるような決定打にかけるような気がします。

ただ、いつ相場がやる気を出すか分からないのでなんとも言えませんが、裁量トレードにおいては、ちょっと遠目で肩の力を抜いて「無理してポジらなくてもいいや…」というスタンスで、おいしい場面が来るまでリラックスして構えていればいいと思います。

今週の主なイベントをまとめて見ました。(日本時間表記です。)

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 11月13日24:30加・BOC四半期報告CAD
26:45日・黒田日銀総裁 発言JPY
火曜日
 11月14日11:00中・鉱工業生産、小売売上高CNH&AUD
16:00独・GDP 速報値、消費者物価指数CPI 改定値EUR
18:30英・消費者物価指数CPI、生産者物価指数PPIGBP
19:00欧・GDP改定値、ZEW景況感調査、鉱工業生産EUR
22:30米・生産者物価指数PPIUSD
水曜日
 11月15日08:50日・GDP 速報値JPY
18:30英・失業率、失業保険申請件数、平均賃金GBP
19:00欧・EU圏貿易収支EUR
22:30米・消費者物価指数CPI、小売売上高、NY連銀製造業景気指数USD
24:30米・EIA石油在庫統計USD&CAD
木曜日
 11月16日09:00英・カーニーBOE総裁 発言GBP
09:30豪・雇用者数変化、失業率AUD
18:30英・小売売上高GBP
19:00欧・EU圏消費者物価指数HICP 改定値EUR
22:30米・新規失業保険申請件数、Philly連銀製造業景気指数USD
23:15米・鉱工業生産USD
金曜日
 11月17日06:45NZ・生産者物価指数PPINZD
22:30加・消費者物価指数CPICAD
22:30米・住宅着工件数、建設許可件数USD

今週はCPI、PPIなど物価(インフレ率)に関する指標が多く発表されます。

11月14日(火曜)夕方6時半には「英・消費者物価指数CPI、生産者物価指数PPI」が発表されます。同日11時半には「米・生産者物価指数PPI」があります。

翌日11月15日(水曜)は、「日・GDP 速報値」第2四半期(7~9月)GDPの発表があります

夕方6時半には英国版の雇用統計のような「英・失業率、失業保険申請件数」と平均賃金」の発表があります。

夜11時半、アメリカでは「米・消費者物価指数CPI、小売売上高、NY連銀製造業景気指数高」が一気に発表になります。

11月16日(木曜)は「米・新規失業保険申請件数、Philly連銀製造業景気指数」が材料視されるかもしれません。

11月17日(金曜)はこれといってないのですが、カナダドルを触っている人にとっては「加・消費者物価指数CPI」は注意(期待)した方がいいかもしれません。また一気にぶっ飛ぶかもしれませんのでww

指標カレンダーには載っていないのですが、火曜水曜の2日間ドイツのフランクフルトでECB主催の「中央銀行コミュニケーション会議」なるものが開催されています。

内容は「中央銀行コミュニケーションの課題…」と、どうでもいいようなことなのですが、この会合には、ECBのドラギ総裁、FRBのイエレン議長、BOEのカーニー総裁、そして我らが日銀の黒田総裁と、世界を動かす4大中央銀行のトップ、FX界のボスキャラが勢揃いします。

会議の内容はともあれ、これだけ危険人物が集まると、誰かの失言やちょっと口を滑らせたことで市場に影響を与えることも考えられますので注意が必要です。(でもちょっと期待….)

とにかく早くレンジから抜け出して、相場が方向性を持ってボラティリティーが上がってくれることを願うばかりです。

*ボラティリティー上昇祈願ボラ画像

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。