今週の経済指標(2017年12月4日)

今週の経済指標

今週は金曜日に米国雇用統計があります。

本来、雇用統計は賭場ではなく、雇用者数の推移を景気状況の判断材料として金融政策に与える影響があるため注目されているのですが、来週のFOMCでは利上げがほぼ決定事項で確実と考えられています。(たぶん)

かといって今回の雇用統計は無意味というわけではなく、来年からのFOMCの方向性を考える上で結構重要ではないかと思います。

無料EAの自動売買は金曜の夜ということもありMT4を停止させている方も多いと思いますので影響は少ないと思います。

以下に日本時間表記でまとめてみました。

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 12月4日18:30英・建設業PMIGBP
19:00欧・生産者物価指数PPIEUR
24:00米・製造業新規受注USD
火曜日
 12月5日09:30豪・小売売上高AUD
10:45中・Caixinサービス業PMICNH&AUD
12:30豪・豪準備銀行(RBA) 政策金利AUD
18:00欧・サービス業PMI 改定値EUR
18:30英・サービス業PMIGBP
18:30南ア・四半期GDPZAR
19:00欧・GDP 確定値、小売売上高EUR
24:00米・ISM非製造業PMIUSD
水曜日
 12月6日09:30豪・四半期GDPAUD
17:15スイス・消費者物価指数CPICHF
22:15米・ADP民間雇用統計USD
24:00加・カナダ銀行(BOC) 政策金利CAD
24:30米・EIA石油在庫統計USD&CAD
木曜日
 12月7日09:30豪・貿易収支AUD
15:45スイス・失業率CHF
16:00独・鉱工業生産EUR
22:30米・新規失業保険申請件数USD
金曜日
 12月8日08:50日・GDP 改定値JPY
未定中・貿易収支(米ドル&人民元)CNH&AUD
18:30英・鉱工業生産、製造業生産GBP
22:30米・非農業部門雇用者数、失業率、賃金上昇率USD
24:00米・ミシガン大学消費者信頼感 速報値USD

今週は、カレンダーを見る限りヤバそうなものは少ないのですが、北朝鮮に関連したことだけでなく情勢が緊迫しているところもあり、どんなニュースが飛び出してくるかわからない状態ではあります。

できれば何事もなく平穏な日常でダラダラとトレンドが継続してくれることを願います。

順にかいつまんで簡単に説明しますと、火曜日の24時というか水曜日の0時に「ISM非製造業景況指数(PMI)」があります。

タイトル通りの指標でして、当サイトの無料EAは基本的にドルストレートがメインなので影響を受けやすいのではないかと思います。

他にも「豪・豪準備銀行(RBA) 政策金利」があります。

豪ドル高を牽制する発言がされることが多いと思いますが、よくあることなのでどの程度の効果(インパクト)があるかは分かりません。

水曜日には「加・カナダ銀行(BOC) 政策金利」がありますが、最近サプライズでCADぶっ飛んだので、さすがにしばらくはサプライズはないのではないかと思います。

公開している無料EAではカナダドル(CAD)のペアはないのですが、最近ボラティリティーが大きいので裁量で触っている人も増えたのではないでしょうか。

あと指標ではないのですが、本日ベルギーで「ユーロ圏財務相会合」が行われます。

これに伴い、イギリスのメイ首相とユンケル欧州委員長(タイトル画像の人達)が会談する予定でして……..

これ、ポンドの危険な香りがプンプン臭って来るような気がします。会談内容が報道されるとポンドが大荒れになる可能性もあるように思います。

ポン様の御乱心は比較的よくあることですが、自動売買にとっては迷惑なので注意しておきたいと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る