今週の経済指標(2017年12月18日)

今週の経済指標

そろそろマーケットが年末モードに入り始める時期になってきました。

海外の機関投資家の中にはそろそろ休みに入る人達もいるようで、毎年今くらいの時期から取引量が少しずつ下がり始めるような気がします。

先週までで重要そうな指標はほとんど終わったように思い、今週はあまり重要な指標が少ないような気もしますが、その中でも「重要かも…」と思うものをまとめましたので参考にしてください。

*日時は日本時間です

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 12月18日08:50日・貿易統計(通関ベース)JPY
19:00欧・消費者物価指数HICP 改定値EUR
火曜日
 12月19日09:30豪・RBA議事要旨AUD
18:00独・IFO企業景況感指数EUR
22:30米・住宅着工件数、建設許可件数USD
水曜日
 12月20日22:15英・BOEカーニー総裁講演GBP
24:00米・中古住宅販売件数USD
24:30米・EIA石油在庫統計USD&CAD
木曜日
 12月21日06:45NZ・四半期GDPNZD
未定日・日銀金融政策決定会合JPY
15:30日・黒田日銀総裁 記者会見JPY
16:00スイス・貿易収支CHF
22:30加・消費者物価指数CPI、小売売上高CAD
22:30米・小売売上高、新規失業保険申請件数、国内総生産(年率)、個人消費支出(前四半期比)USD
24:00欧・消費者信頼感 速報値EUR
金曜日
 12月22日早朝スペイン・カタルーニャ州議会選挙EUR
16:45仏・GDP 確定値EUR
18:30英・GDP 確定値GBP
22:30米・個人所得、個人消費支出PCE/コアPCE、PCE価格指数、耐久財受注USD
24:00米・新築住宅販売件数、ミシガン大学消費者信頼感USD

まずは、12月19日火曜日に豪州中銀(RBA)が12月5日に行いました金融政策理事会の議事録を公開します。内容によってはAUDが反応すると思います。

翌日、12月20日水曜日、指標では無いのですが、ブレクジット交渉関係で最近グダグダお騒がせのイギリスBOEのカーニー総裁の公演があります。

ポンドは何でもかんでも材料視して勝手に期待して勝手に失望したりと、よくわからない部分もありますので一応載せておきますww

続きまして12月21日木曜日「日・日銀金融政策決定会合」があります。

これは以前にも書きましたが、今までの傾向として、早い時間に発表されるときは変更がない場合が多く、遅れて発表されるときはインパクトのある発表がされることが多い…..と言われている例のやつです。

ギャンブラーの間では、12時30分より前か後かが注目されているようですww

12月22日金曜日、これも指標では無いのですが前日からスペイン・カタルーニャ州議会選挙が行われていて、大勢がわかるのが日本時間の22日早朝くらいのようです。

トランプさんの時やブレクジットの時のように選挙結果は開票して見ないとわからないという事があるので、結果次第ではユーロがどれだけかの反応する可能性はあると思います。

結構注目度は高いように思うので、仮に独立反対派が過半数を取るという予想通りの結果であっても多少は反応するような気もします。

本来はそんなに動くことはないのでしょうが、板が薄かった場合予想外に動くことも考えられますので、注意しておいた方がいいかもしれません。

あと、これも指標ではないのですが先日からスイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁がフラン相場が高いと懸念を示すような発言をしています。

まぁ、無いとは思いますが、クリスマス近くの商いが薄い時に2度目の「スイスフランショック」があったりなんかすると……あ〜怖い怖い。

今月はちょっと苦戦していますが、年ベースで見ればポートフォリオとして十分に利益を上げているので、無理にリスクをとって深追いする必要も無いと思います。

思い切って、今週は「Scal-5」USDCHFを稼働させないという選択もアリだと思います。

と、書いて見て気づきましたが重要指標らしいものは「日・日銀金融政策決定会合」だけのような感じで、いよいよ年末ムードが漂ってきたように思います。

なんだかんだと今年一年、頑張って利益を上げてくれた無料EAのポートフォリオですが、年内もあと少しとなりました。なんとか無難に乗り切って欲しいと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。