2017年の運用実績(年ベース)

1年間の無料EAのリアル口座でのテスト結果

全期間のフォワードの結果は、メニューのフォワードテストから確認できます。

*サイドメニューのMyfxbookへのリンクから、カスタム分析でマジックを選択すると、最新の各無料EAのフォワードテストの状況を確認できます。またマジックを全て選択すると、紹介中の無料EAの合計のリアルの状況を確認できポートフォリオ全体のパフォーマンスをみれます。興味のある方はどうぞ。


ポートフォリオの全ての無料EAのトータルです

*クリックで拡大します。

リアルテスト口座の2017年1月から2017年12月までのデータです。

3月にガクッと下がっているところは、FOMCの日に体調を崩しまして病院行った関係でテスト口座を止められなかった時でして、この時はホント死ぬかと思いました。

メイン口座の自動売買と裁量のポジションを切って医者に駆け込んだのですが、テスト口座を止め忘れていました。….結果 -670pips!。

病院から帰って確認したところ、無料EAの利用者の方から「EA止め忘れてますよ〜」的なメールをくれていた方もいました….(;´Д`)!!!!!

今でも医者に通って薬を飲み続けていますが、控えるように言われたアルコールや食生活上の注意など、最近はガバガバです。まぁ、良くなってきてると思うので…….

これは本来無いはずのドローダウンでして運のなさを痛感した次第です。

ただ、それ以外の月でもパフォーマンスがやや芳しくないのは、特にユーロドルの値動きのパターンが少し変わったことにあるように思います。

2017年は、ユーロドルに関しては、バーンと動いてジリジリ戻す動きがやや目立ち、その戻り幅が今までより大きくなるところで損切りとなるケースが多くなったように思います。

パラメーターのアップデート等でドローダウンを抑えることを重視した設定に変えたので、派手さはなくなりましたが、なんとか相場に対応できているのではないかと思います。

個々の無料EAを見ると、結構地味な感じになったEAが多いのですが全体で見ると、大きなドローダウンにはならずポートフォリオとしてうまく機能していると思います。


Scal-1 (ALL)

Scal-1 (EURUSD)

Scal-1 (USDJPY)

 

Scal-1 (GBPUSD)

  

すいぶん長く使っているEAですが、パラメーターを更新しながら最新の相場に対応させています。

ユーロドルはFOMCで止められなかったことの影響を大きく受けました。全体的には堅調なのですが、もう少しパフォーマンスの改善ができればいいと思います。


Scal-2 (EURUSD)

  

ポジション取りは少なめですが、非常に安定感のあるEAです。

2016年の3月の稼働以来、月ベースで無敗が続いています。


Scal-3 (ALL)

  

Scal-3 (USDJPY)

  

Scal-3 (AUDUSD)

 

Scal-3 (EURUSD)

EURUSDはFOMCで止められなかった影響を強く受けました。全体に相場の変化に敏感でパラメーターの設定にやや苦戦しています。

改善の余地があると思うのですが、なかなか良い設定が詰め切れていません。

引き続き改善できないか探っていきたいと思います。


Scal-4 (EURUSD)

 

FOMCで止められなかった影響を強く受けましたが、それを抜くと概ね順調に利益を積み上げています。

メイン口座では稼ぎ頭の一つです。


Scal-5 (USDCHF)

  

このEAもFOMCで止められなかった影響を強く受けましたが、問題はそれを考慮しても結果的に行ってこいぐらいにしかなっていないということです。

バックテスト対象の期間がフランショック以降と他のEAに比べて短いので、定期的にパラメーターの更新をしていますが少し苦戦気味です。

引き続きパラメーターのブラッシュアップをしていこうと思います。


Scal-6 (USDJPY)

 

長期で見ると結構イイ感じなのですが、若干コツドカっぽいところがあるので、売買ロットはあまり上げないようにしています。


Scal- 7 (EURUSD)

 

このEAは2017年6月までは非常に安定していたのですが、相場つきの変化の影響が大きく響いています。パラメーターの更新の効果はまだわかりませんが、引き続き改善していきたいと思います。


Scal- 8 (ALL)

 

Scal- 8 (EURUSD)

  

Scal- 8 (GBPUSD)

 

新たに投入した無料EAで、他のスキャルピングEAにはないフィルターの掛け方をしていて、ポジるポイント、勝つところと負けるところが他のスキャルピングとはかなり違います。

ポートフォリオの安定を意図して作った無料EAですが、まだまだ期待通りになっていない部分がありますので、今後改善していきたいと思います。


Scal- 9 (GBPUSD)

 

ポジションは少なめですが、比較的安定したポンドドルの無料EAです。


Break-1 (ALL)

  

Break-1 (EURUSD)

Break-1 (GBPUSD)

  

ユーロドルは特に相場つきの変化の影響を受けています。

元々勝率は低いのですが、なかなか一発が出ず苦戦気味ですが。

パフォーマンスを見るとイマイチな感じですが、スキャルピングに偏りがちなポートフォリオのスタビライザー的な効果もあり、ポートフォリオ全体での収益曲線の平坦化に貢献しています。


Break-2 (EURUSD)

  

今年に入って相場つきが変わったせいか、ポジション数が激減しました。

ドローダウンするよりは良いのですが、ちょっと寂しいような気もします。


2017年を振り返ると、相場はどんどん変化して行っているというのを肌で感じた一年でした。

当初、2016年が爆益だったので安易に考えていましたが、年明けからしばらくして甘い考えはふっ飛びました。

現状、なんとか相場の変化について行けていると思うのですが、もう少しパラメーターなど改善させたいものがあります。地道でなかなか成果が出ないことも多いのですが、ポートフォリオの改善を2018年も続けていこおうと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る