ビットコインの真価はいくらか

ビットコインの真価はいくらか

こんにちは、ポンスケです。

ロイターの記事に、ハーバード大学教授のケネス・ロゴフ氏のリバタリアンの誤解」という

ちょっと気になる記事がありました。

通貨の長い歴史において政府は常にイノベーションを規制し合法的にわが物にしてきており、ビットコインをはじめとする仮想通貨も同じ運命をたどる可能性が高いとみる…

と、ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授は指摘しています。

ケネス・ロゴフ氏の見解は以下の通りです。

<日本がビットコイン・バブルを助長か>

ビットコインの価値は、仮にその取引の全てをデビットカードやクレジットカードの取引のように当局側で把握できるならば、1万ドルよりもむしろ10ドルに近づくはずだ。

その意味では、日本の当局(金融庁)が仮想通貨取引所の登録制を導入したことは良いことだ。しかし、ビットコイン取引を合法化したことで、日本が海外の地下取引に対して資金洗浄の場を作り出してしまった可能性はある。また、ビットコインの最近の価格バブルにかなり寄与したのではないかと私は思う。

日本の当局関係者は、他の国々も日本と同じように対応すれば、合法的にビットコインを使用するためには登録が必要となるので問題はないと言うが、現実には近い将来そうはならないだろう。特に米国が、好まざる政府に対する金融制裁に深く関わっていることを考えればなおさらだ。

従って、最終的には日本も、他国からの要請で、このほぼ匿名の取引に使われる媒体に対して、より手厳しいスタンスを取らざるを得なくなるのではないかと思う。

<政府は勝つまでルールを変更できる>

マネーの過去、現在、未来を論じた自著(「現金の呪い」)で指摘した通り、通貨の長い歴史において、民間セクターがイノベーションを起こしても、やがて政府が規制し、合法的にわが物とすることが何度も繰り返されてきた。確実に同じことが暗号通貨でも起こる。

リバタリアン(自由至上主義者)たちは、ビットコインが全ての法定通貨を打ち負かすと考えているようだが、彼らは間違っている。通貨については、ルールを決めるのは政府であり、勝つまでルールを変えることができる。

<中銀がデジタル通貨を発行する可能性>

中銀版デジタル通貨は必然的な流れだ。実際、中銀の準備預金はすでに電子データであり、一種のデジタル通貨である。残されている疑問は、中銀がどれくらいリテール市場に浸透したいのかという程度の問題だ。

これらの記事では仰々しく書かれていますが、要約すると

政府は通貨に対する特権を仮想通貨に奪われそうになった場合は、ルールを変更してでも中央銀行の管理下の通貨の優位性を確保するだろう。(ほんとかよw)

ということではないかと思います。

それゆえ、近い将来仮想通貨は現在に通貨に取って代わるというリバタリアン(自由経済至上主義者)の予測通りにはならずに、いずれ消滅して忘れ去られると指摘してます。

ではケネス・ロゴフ氏の主張とは逆に、仮に仮想通貨が現在のハードカレンシーくらい安定して、ビットコインによる決済が一般化して、買い物の決済だけでなく給料の支払いや納税などありとあらゆるものがビットコインベースになった場合どうなるのか、言い換えれば現在使われている通貨を誰も使わなくなったら、もしくは使えなくなったらというと、政府は通貨供給が意味を持たなくなり経済対策の大きな手段を失うことになります。

アベノミクスの1本目の矢が打てなくなるわけです。

そのような国家存亡に関わるような事を政府が許さないとの見方がケネス・ロゴフ氏の見方ではないかと思います。

しかし、ある意味そのような世の中はリバタリアンの考える理想的な世の中なのかもしれません。

当然ながら、一国の事情での為替操作などは不可能になり、全個人、会社、産業界全てがグローバルな競争の世界に突入するわけです。

それが良いのか悪いのかは難しい問題だと思います。

現在、仮想通貨に投資している人の中には長期的な視点での投資をしている人も多いと思います。確かに1日で30%以上動く日もありボラティリティーが高すぎて、ある程度長い目で見ないとやってられないという事もあると思います。

将来、老後にビットコインの口座を何十年ぶりかに見たら数千倍以上になっている事を夢見て買っている人や、子供に口座を渡そうなんて人もいるかもしれませんが、ケネス・ロゴフ氏の主張はこれらの夢を瓦解させる内容です。

仮想通貨に対してはいろいろな見解があり、大きなリスクを内包していることは確かだと思います。

しかし、そのリスクが大きければ大きいほどリターンも大きくなる可能性があるわけです。

数年前にビットコインに投資した人はそれなりにすごいと思います。

今となっては誰もが「買っておけばよかった」と思うでしょうが、当時の状況で普通の感覚では買えない人の方が多かったように思います。

マウントゴックス(MTGOX)事件などがあったり、仮想通貨は悪く言えば新手の詐欺に近いという認識を持っていた人さえいて、多くの人は少なくとも眉唾で見ていたと思います。

XM(BTCUSD)の日足チャート

XM(BTCUSD)のH4チャート

仮想通貨に対する見方は市場でも分かれており、将来どうなるのかということは誰にもわからないと思います。

わからないから投機対象になっているのかもしれません。

ちょっとビットコインを取引したこともあったのですが、ビビリなんで現在は全力様子見です。

それに、やって見て気づいたのですがテクニカルやファンダメンタルズの分析ができない….というかよく分からないのが手を出せない理由なような気もします。

ビットコインの真価は、これから市場においてどのような位置付けでどのように利用されていくかによって大きく変わり現状では判断がつかないのではないかと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。