無料EA「Scal-8」EURUSDのパラメーターを更新しました

「Scal-8」EURUSDのパラメーターを更新

ポートフォリオの中でイマイチ浮き沈みの激しい「Scal-8」EURUSDのパラメーターファイルを更新しました。

ファイル名は「Scal-8-M15-EURUSD-LS-201801.set」です。

既にダウンロード可能となっておりますので、稼働させている方は確認して見てください。

新旧のパラメーターファイルによるバックテスト

<旧セットファイルによるテスト>

<新セットファイルによるテスト>

多少は収益曲線(グラフ)の平坦化ができたようにも感じます。

*100万円スタート、0.1ロット固定、2009年1月12日〜2017年12月23日まで

旧セットファイル新セットファイル
純利益6791091007958
プロフィットファクター1.211.31
最大ドローダウン13938787286
勝率80.01 %80.95 %
取引回数2416 回2567 回

今回のアップデートでは純利益、ドローダウン他ほぼ全ての項目で改善が見られるので、ある程度期待できるように思います。

ただ、勝率は改善したといえども80%くらいなので、他のスキャルピング系のものと比べると若干見劣りはするかもしれません。

これくらいの勝率の場合、実際稼働させていると結構負けることが多いように感じることがあると思いますが、基本的なロジックが他のスキャルピング系と違うので、勝ち負けが被りにくくポートフォリオ全体での収益曲線を平坦化するのには役立ってくれるのではないかと期待しています。


無料EAやセットファイル(パラメーターファイル)を入れ替える場合は、ロット設定とマジックナンバーは十分に確認してください。

恥ずかしながら私も過去にやらかしたことがあるのですが、爆死します。

ロット設定を間違えての爆死は想像できると思うのですが、マジックナンバーの重複で口座残高が半分になったことがあります。

簡単に説明すると、あるEAがポジションをとったとします。で、同じマジックナンバーの他のEAがクローズさせるオーダーを出します。

結果的にポジションを取った瞬間に手仕舞いされるわけです。

ポジる→即切り→ポジる→即切り…….以下無限ループ((((;゚Д゚)))))))

で、どうなるかと言いますとスプレッド分だけ毎回延々と負けていくわけです。

仮に1.5pipsずつ500連敗したら、750pipsの負けです。

どこまで続くかは相場しだいですが、痛いめに会うことだけは確実です。

マジックナンバーに関しては、稼働させるEAが増えてくると混乱しそうになるので、エクセルや他のテキストファイルで一覧で確認できるようにしておいた方が良いと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。