FOMCは転換点になるか?

今週のFOMCは大方の予想通り0.25%の利上げを行うということでした。

また、市場の予想で4回の利上げを行うと言われていましたが、実際には3回の利上げ予定ということでドルは売り込まれました。

利上げで売り込まれるというのも変な話ですが、市場は利上げを織り込んでいただけでなく、誰もそんなことは言ってないのに勝手に4回の利上げ期待をして、予定通りの結果に悲観して売り込まれたというのが深層ではないでしょうか。

ここ最近は派手なトランプさんの影響か、ドルの動向が大きく材料視されていましたが、今後はユーロ圏が多少材料視されるようになるのではないかと思います。実際ユーロ圏のボロボロっぷりは以前から何にも変わっていないと思います。

無料EAのほとんどがドルストなので、ドル要因で動いた場合プラスもマイナスも連鎖し、ポートフォリオとしての効果が薄くなります。ドル要因で動かない方がありがたいのですが、どうなることでしょうか。

個人的な話ですが、FOMCの日の午前から体調が悪く休んでいたのですが、夜になって耐えられなくなり病院に連れて行ってもらったところ、そのままお泊まりとなり、テスト口座のMT4は止められませんでした。翌日確認したところ想定されるMAXに近いドローダウンでした。指標を放置してもドローダウンにならないことも多いのですが自分の運の無さを実感しました。止めていた人は微損だったのではないでしょうか。まぁ気を取り直して、現在開発中のEAのテストを進めたいと思います。





>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る

コメントの入力は終了しました。