朝鮮半島の問題で我々が準備できることは?

ドル円が、雇用統計で上下に振られた時でも割れなかった110円を一気に割り込みました。

最近、方向性の無い動きが多かったので、久しぶりに大きく動いたように感じました。(実施にはそれほどでも無い)先週、なかなか110円を割れず反発が強いので上に行きたがってるように感じ、ブログにもそのようにコメントしましたがww まったく先が読めない展開です。

ポートフォリオのEAは、ブレイクアウトが騙しにかかりましたがその他は比較的おとなしい状態で、騙しに引っかかっていないので、大きな増減はない状態です。

ところで、ここ最近ワイドショーでも取り上げられお茶の間を賑わせてる北朝鮮問題。米国のシリア攻撃から、一気に緊迫の度合いが上がったように感じます。なんだかキナ臭くなってきたのではないでしょうか…..。

北朝鮮問題で動きがあった場合米ドルと円に大きな動きが出る可能性があります。

当サイトのEAはほとんどがドルストなので、ドルの動きに対して良くも悪くも影響を受けます。さらにデリケートな状況下ではトランプさんお得意の指先介入で振り回される可能性もあります。ここしばらくはニュースが気になると思います。

本当、何事もなく鎮静化してほしいと思います……

現在、EAの稼働に関して月曜日の稼働は見送っております。状況にもよりますが、日本時間の月曜日の午後11時以降から火曜日の朝7時ころまでの間にEAをスタートさせています。

また、金曜日はポジションがなければお昼ころにはMT4を止めています。

これは、大きく動いた翌週の月曜日の朝に、振り戻しが起こった場合のスキャルピングEAのドローダウンを回避する目的が1つ。

もう一つは、その週内で一方的な動きがあった場合の週末での手仕舞いによるやや大きめの戻し(ショートカバー)によるドローダウンを回避する意図があります。

非常に消極的ではありますが、MT4で自動売買をしている私たちにできることといえば、このようにリスクに備えることではないでしょうか?

リスクとリターンのバランスを、その時々の状況にあわせて対応するしか無いように思います。

自動売買はベーシックインカム的に注力してやってますが、裁量での取引もやっています。

北朝鮮の問題といい何かのきっかけで相場が大きく動く可能性がありますが、どう動くかまったく予想がつきません。

アナリストのコメントもたぶんあてにならないと思います。まさに丁半博打です。

裁量でこういう場合は、下手に予想をするよりも動いた方向についていくというスタンスでの取引の方が良いと思います。

情勢を見ながら、ロットは控えめでのやって行こうと考えています。



>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る