ロンガー逃げてえええ…ドル円どうなる?

先日トランプ大統領の「ドルは高すぎる…」「金利は低いほうがいい….」的な発言からドルはどんどん下がり続け、ドル円は108円台半ばくらいまで下げてきました。

この状況は、北朝鮮のリスクに伴う円買いが根底にあると思うのですが、イースターの関係で休みのところが多く、市場の流動性が低下していることが状況をより不安定なものにしていると思います。

今後しばらく特に日本時間の月曜日は緊張が高まれば円高に、解決に向かえば円安に大きく値が動く可能性があるので要注意です。

前にも書きましたが、このような状況下では下手に相場を予想するよりも、動いた法についていくのが得策だと思います。

しかし実際には随分違うようで、ドル円のロングポジションで大きな含み損を抱えている人が多いようです。(塩漬けか?)

糞ポジチェッカーでみるとひどいことになっています。本当にロンガーが多い。

右側のグラフの右上のエリアの青いグラフの部分がいわゆる糞ポジです。反対にショート側の糞ポジはほとんどありません。

ここ最近のチャートや糞ポジチェッカーを考えると、「ロンガー逃げてえええええええ!」wwな、状態で下目線になりがちですが、先入観は持たないように気をつけたいと思います。

月曜日はイースターの関係もあり流動性が低いので些細なニュースで値が上にも下にも飛ぶ可能性もあります。

自動売買は、月曜日は休止し火曜日以降に再稼働します。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る