「 MT4 」一覧

先週の高値安値にラインを引いてくれるインジケーター

先週の高値安値にラインを引いてくれるインジ FXで裁量トレードをしていると、先週の高値と安値は結構重要なサポレジになることが多く、ここを抜けた途端に大きく値が動くこともしばしばあります。このラインのは必ず意識しておかなければならず、忘れてしまったりするとちょっとマズイような気がします。毎週土日に、MT4で週足のハイローのラインを引き直すのが基本かもしれませんが、このインジケーター...

主力のユーロドル他、方向感なくイマイチ

*トレンド発生祈願画像 主力のユーロドル他、方向感なくイマイチ 最近めっきり寒くなりまして、火曜日くらいから風邪を引いたのか頭がズキズキします。みなさんも体調には十分気をつけましょう。体調が悪いとミスをすることも多く、トレードにとっても判断が雑になりマイナスになることが多いと思います。自己管理と言われればそれまでですが....先週からの相場は非常に自動売買のEA...

今週は超絶レンジで無料EAは静か……

今週は超絶レンジで無料EAは静か...... 今週は嬉しいやら悲しいやら微妙な一週間でした。大きな経済指標もなく自動売買はやりやすいかな〜なんて考えていたのは甘かったです。重要指標がなかったのはいいのですが、ポンドの急騰急落以外は手がかりもなく相場はゆったりとしたレンジに終始したような感じでした。このレンジが曲者でして、レンジの値幅と継続期間によってはスキャルピングEAが...

Scal-8の新しい通貨ペアで爆益!

Scal-8の新しい通貨ペアで爆益! 先月、新たにGBPUSDの通貨ペアを追加した「Scal-8」が大勝利でした。BOEの政策金利発表での急騰からの急落を見事に捉えました。裁量トレードもやっているのでチャートに張り付いていたのですが、残念ながら裁量ではエントリーできませんでした。「一瞬上に飛ぶと見せかけてからの〜ガラ....」これだけ動きが早いとついていけませんでした。...

Myfxbookってどうやって見るの?

Myfxbookってどうやって見るの? 当サイトでは私が使っていて公開している無料EAのリアル口座での実績を一般公開しています。実施のリアル口座での運用をPips単位でほぼリアルタイムで見ることができます。(5分間隔で更新されています。)*以下クリックで拡大しますサイドメニューのMyfxbookへのリンクのバナーをクリックすると、Myfxbookのページが...

XMでデモ口座を作ろう

無料でデモトレードをやってみよう FX取引が、先物や株などと大きく違って優れていることの一つにデモ口座環境があります。国内業者は別ですが、世界的なスタンダードのMT4プラットホームであれば、多くのFXブローカーでデモ口座を無料で提供しています。当然XMにおいても無料でデモ口座を提供しています。デモ口座の利点といえば、無料でリアル口座と同じように売買のシミュレーションをでき...

今週はポートフォリオがうまく機能

ポートフォリオがうまく機能 今週は月曜日の朝から下げ続け火曜日のロンドンまでダラダラと下がり続けました。いつも日本時間の月曜日はEAを稼働させていないのですが、今週は火曜日の朝から自動売買をスタートさせました。「Scal-8」が利益確定したり「Break-1」が小さく損切りしたりと、トータルで微益の状態でした。火曜日以降は値動きに方向性がなくボラティリティーも非常に小さく...

チャートをキリ番表示にする便利なインジケーター

チャートをキリ番表示にするインジケーター MT4のチャートは非常に高機能で親切な設定になっています。それゆえにチャートに騙されることもしばしばあります。MT4のチャートには自動縮尺機能がついていて、表示期間の最高値と最安値を表示するようになっています。さらにグリッド表示した時の横のラインは、表示領域によってその都度変わってしまいます。トレードをしていて、結構動いたな〜と思...

現在の環境認識等(20170910)

ECBドラギ総裁会見を終えて... ECB金融政策発表では金利は予想通りの据え置きで、特に目新しい発表もなかったのですが、ドラギ総裁の会見では、チャートはピクピク激しく上下に振られました。ドラギ総裁の会見の内容はたぶん以下のようなことだと思います。(たぶん)● 量的緩和政策が終わるまでは利上げはやらない。● 秋には金融政策の見直しをやる。● 為替相場(ユー...

今年のお盆は全体で負けでした

やはり、セオリーに従うべきですね 今年のお盆期間の、紹介しているポートフォリオの無料EAの成績は、大幅マイナスでした。 お盆休みまでに稼いだ利益以上に8月15、16日で飛ばしました。その後若干持ち直しましたが、月初からプラマイゼロくらいになってしまいました。お盆はプライベートな用事でしばらくトレードから離れていたのですが、リアルテスト口座だけは稼働させたまま放置してみました。ちな...

便利なインジケーター紹介します

Grid_v1_0_Fixed、オススメです! MT4のチャートは縦のスケールが自動縮尺になっています。どのような相場状況であっても、ローソクががウインドウからはみ出ないように、チャートに表示させる最大値と最小値を自動で調整しています。これはボラティリティーが大きい時はチャートの上下の値幅が大きくなり、逆に膠着したような値動きの少ない時はチャートの上下の差は小さくなっています。...

すいません。またやらかしました。

リアルテスト口座の無料EA、「SCAL-5」止め忘れました。 昨日、FOMCを踏まえて早めの時間にメイン口座のを止めました。夜になってリアルテストの口座のEAも止めたのですが、USDCHFで「Scal-5」のポジションがあることに気づかず、MT4を閉じました。そのあとは、一昨日の「うなぎ」の残りとビールでご機嫌パラダイスでしたw今朝起きて、FOMCの値動きを確認し...

無料EAをご利用の方へ

6月末に公開致しました無料EA「Scal-7」ですが、一部の方からリアル口座で稼働できないとのご指摘を受けました。これに伴い、修正した新しいEA「Scal-7_v2.1.ex4」をダウンロードリンクにアップしてありますので、利用されている方は利用中のものと入れ替えてください。お手数をおかけして大変申し訳有りませんでした。今後はこのようなことがないよう注意を払っていきたいと思...

(無料EA)ボラティリティーが戻ったとたんに快勝!

ドラギ総裁、ありがとうございました。 月曜日にブログで、「この低ボラはいつまで続くのか??」....とボヤいた直後ですが、願いが通じたのか昨日から動いてくれました。なかなか苦戦しながらも踏ん張っていたポートフォリオの無料EA達も、フラストレーション解消するような動きだったのではないでしょうか。今までが良くなかっただけに、そろそろ好転しそうな時期ではありましたが、ホットしました。...

正しいバックテストのやり方?

正しいバックテストのやり方? MT4を使い始めたばかりの人は、バックテストのやり方を知らないと思いますので今回は、バックテスト用のデータの作成について書いていきます。EAを使っていく上で、バックテストが正しくできないということは、MT4でEAの検証ができないということなので、絶対に勝てないと思います。MT4の自動売買をやる人は必ずマスターしてください。タイトルに(?)が付...

今週は雇用統計ウイークです。

今週末は米国雇用統計ですが、雇用統計の週に必ずXMから以下のようなメールが届きます。賞金は1000ドル相当のボーナスです。これ、毎回投稿して入れば、そのうち当たるような気がしませんか? 空っぽのリアル口座を一つ作って、当たったらそこにボーナスを入れて、次の雇用統計で全額使って丁半場口....ってのもありじゃないですか?..............当たればですけど、夢がありま...

今週はFOMC議事録公開+コミー氏の下院での公聴会

今週は、水曜日の深夜(木曜日の早朝3:00)にFOMC議事録の公開があります。 最近、トランプリスクなどと言う言葉が出てくるくらい、アメリカでは大統領の弾劾などと韓国のようなポピュリズム的な動きになっているよです。それらが、どうやって収束していくのか、はたまたさらに加熱して引きずるのかは解りませんが、トランプ大統領の発言や動向で、ドル相場が動きそうな気がします。 なんだかムード的にはF...

フォワードテスト一覧を更新しました

メニューの「フォワードテスト」、現在ダウンロード可能な無料EAのフォワード一覧を最新のデータに更新しました。MyfxbookのEA毎の収益曲線ですが興味のある方は覗いてみてください。近日公開予定の「Break-2」も2年以上前から、修正しながらですがテストしていました。そのデータも公開しています。ごまかしのないリアル口座でのテストですので、バックテストと違って派手さがなく、...

近日中に無料EAを1つ追加します

先日の「EAによるポートフォリオについて」の記事の中にチョロっとバックテストが登場したEA、「Break-2」を近日中に公開数予定です。*右サイドメニューの、EAのポートフォリオの考え方からもバックテストデータを確認できます。このEAはフリーEAを元に、長年弄ってきたEAです。元々は結構波があって微妙なEAだったのですが3年がかりで弄っているうちに、なんとか公開しても恥ずかしくない...

EAによるポートフォリオについて

EAによるポートフォリオについて MT4で自動売買をする場合、ハイリターンを目指すためには、取引ロットを上げなければ大きなリターンは望めません。しかし、取引ロットを上げた場合に最大ドローダウンも大きくなり、最悪の場合は破綻の確率も上がります。XMの場合はゼロカットなので追証を求められることはありませんが、それでも大きな損失であることは間違いありません。この相反する事象に対する最も...