インジケーター

インジケーター

無料で使える便利なインジケーターをご紹介しています。

自由にダウンロードできます。

自動売買、裁量トレードのおともに、よろしかったら使ってください。


Grid_v1_0_Fixed

MT4のチャートは縦のスケールが自動縮尺になっています。その影響で直感的に値幅がわかりにくくなり、相場の動きを見誤る原因になります。

このインジケーターはチャートの目盛りを任意の間隔で設定することができます。

一般的には10pips間隔とかにラインを設定すると値動きの値幅が把握しやすいと思います。

私は使っていませんが、横のラインだけでなく、縦のライン(時間)も設定できます。

他のインジケーターと同じようにチャートにドロップして使います。

チャートの上で右クリックすると2枚目のようなメニューが出ますので、印をつけたところ辺りをお好みで調整してください。

MT4標準のグリッドと重なって見にくい場合は標準のグリッド表示を外してください。

パラメーターの「HGrid_Pips」の単位はポイントなので、5桁ブローカーの場合は10倍でいれてください。


RoundNr

MT4のチャートウインドウの目盛り線をキリ番にできます。

左のドル円のチャートは50銭刻みの線にしてみました。

キリ番がサポートやレジスタンスのようになる場合が多いので、見落とさないように表示させておくといいと思います。

私は、通貨ペアによってGrid_v1_0_Fixedと使い分けています。


 Spread-ProgreFX2

リアルタイムでスプレッドをウインドウに表示します。デフォルトでは右上に表示されます。 スプレッドの変化はある程度意識した方が良いと思います。


GMT Measure

サーバーのリージョンタイムを表示します。GMTオフセットの入力が必要なEAを使うときにあると便利です。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る