無料EAの紹介

ダウンロードできる無料EAの紹介

配布中のポートフォリオのEAです。

当サイトで現在無料で配布しているポートフォリオを構成するEAは以下です。 時々EAを入れ替えたり、パラメータやEAのアップデートをしていますので、ご利用いただいている人はたまに覗いてみてください。

EAのイメージ画像をつけて見ました。なんか売り物のEAぽくてカッコいいので気に入っています。 実際に販売されているEAもこんな感じで売っているんだなーとなぜか納得しました。


 
Scal-2

<通貨ペア> EURUSD

<Profit factor> 3.8〜7.2  

特 徴

勝率が高く非常に安定したスキャルピングEAです。ロットを調整して高いパフォーマンスを狙っていきたいEAです。

このEA単体のバックテストでの最大ドローダウンは、0.1ロットあたり43000円、期待できるリターンは年間差し引き10万円程です。資金と許容できるリスクを考慮してロット調整してください。あくまでバックテストの結果なので今後もこの調子で続くかはわかりませんが今のところはまずまずです。

他のEAとポジションが重複する場合もありますのでご注意ください。 また、中上級者は他のEAと同様、パラメータを調整してさらに利益追及できる余地があります。


 
Scal-8

<通貨ペア> 

EURUSD

<Profit factor> 1.23

*2017年 8月 追加

特 徴

シンプルなスキャルピング系のロジックです。エントリーフィルターに工夫がされていて、他の無料EAとポジションを取る場所がかなり違います。

プロフィットファクターは控えめですが、他のスキャルピングより比較的よくポジションを取り、勝ち負けを繰り返しながらコツコツと利益を上げていく感じだと思います。

ロングとショートそれぞれ最大3ポジションずつ保有する場合があります。ちょっと変わったトレーリングの掛け方をしており、相場が利益方向に一方的に動いた場合は、できるだけ引っ張るような設定になっています。

ポートフォリオに加えると安定するのではないかと思います。


 
Scal-7

<通貨ペア> 

EURUSD

<Profit factor> 1.76

*2017年 6 月 追加

特 徴

非常に安定したスキャルピングEAです。

最大3ポジション保有しますが、逃げが早く比較的ドローダウンは小さいと思います。

実際に見ていると切るのがやや早いような気もしますが、この設定が一番パフォーマンスが高いと思います。取引回数は少なめですがポートフォリオに入れておきたい無料EAの一つだと思います。


 
Break-2

<通貨ペア> 

EURUSD

<Profit factor> 1.5

*2017年 5月 追加

特 徴

ケルトナーチャンネルを使ったブレイクアウトロジックです。

ブレイクアウト系はどうしても勝率が低くなりドローダウンもやや大きくなりがちですが、このEAはなるべくドローダウンが小さくなるような調整をしています。他のブレイクアウトEAよりもリスクが低めで扱いやすいと思います。  


 
Scal-1

<通貨ペア> 

EURUSD・USDJPY・GBPUSD

<Profit factor> 1.4〜1.97

*2017年1月 アップデート

特 徴

4本のMA(移動平均)を使ったシンプルなロジックです。

複雑なインジケータなどはつかっていないのですが非常に安定しておりポートフォリオのメインの一つです。複数ポジションを持ちスキャルピングに近い動きをします。 中上級者はパラメータを調整して他通貨で運用したり、よりアクティブに攻める設定に変えたりできる余地があります。  


 
Break-1

<通貨ペア> 

EURUSD・GBPUSD

<Profit factor> 1.51〜2.2

*2017年7月 アップデート

特 徴

ブレイクアウトロジックのEAです。データでは勝率が6割前後なのですが、体感では勝率2割ぐらいに感じます。小さく負けてばかりのような感じで、たまにホームランをぶっ放す的な動きです。

パラメータのアップデートで浮き沈みを多少は改善しました。調整可能ですが複数ポジションを持ちますのでロットには注意してください。 また、中上級者はパラメータを調整して他通貨で運用したり、よりパフォーマンスの高い設定の追求ができます。


 
Scal-9

<通貨ペア> GBPUSD

<Profit factor> 1.66  

*2017年10月  追加

特 徴

GBPUSDのスキャルピングEAです。「Scal-1」のGBPUSDとはポジションをとるタイミングなどが違い収益曲線の相関はそれほど高くないような感じなので、同時稼働させて問題ないと思います。

ただ、ポジションが被ることもありますので、やはりロットの掛け過ぎには注意してください。

また、中上級者は他のEAと同様、パラメータを調整してさらに利益追及できる余地があります。


 
Scal-3

<通貨ペア> EURUSD・AUDUSD・USDJPY

<Profit factor> 1.17〜2.02  

単体で見るとやや浮き沈みが大きいのですが、トータルで考えるとうまくマイナスを補い合って収益曲線がある程度は平坦化されます。 ロジックはスキャルピングですが、他のEAがポジらないような場面でポジションをとることがあります。ポートフォリオはどうしてもスキャルピングに偏りがちになるのですが、その中でもうまくリスク分散できれば良いと思います。 中上級者は他のEAと同様、パラメータの調整が可能です。


 
Scal-4

<通貨ペア> EURUSD

<Profit factor> 2.36  

*2017年6月アップデート

特 徴

スキャルピングのロジックです。ボラティリティーにより相場の状況が悪い時はポジションを取らないようにして勝率をあげるように工夫しています。 ただし、相場の急変や指標などには対応できません。勝率は高いのですがややコツドカ気味なのでロットの掛け過ぎには注意してください。 中上級者は他のEAと同様、パラメータの調整が可能です。


 
Scal-5

<通貨ペア> USDCHF

<Profit factor> 4.64  

*2017年 3月アップデート

特 徴

USDCHFのオーソドックスなスキャルピングロジックです。通貨によるリスク分散とパフォーマンスを期待してポートフォリオに組み込んでいます。 今のところはいい結果が出ているのですが、他のEAと違いパラメータを設定するにあたってテストに使ったデータがスイスフランショック以降なので2年ほどしかありません。現在の結果はカーブフィッティングの可能性を否定できないので、定期的にパラメータは見直していきます。 中上級者は他のEAと同様、パラメータの調整が可能です。


 
Scal-6

<通貨ペア> USDJPY

<Profit factor> 1.48  

*2017年 2月アップデート

特 徴

USDJPYのベーシックなスキャルピングEAです。 バックテスト結果からもわかるように成績にややムラがあります。単体で見ると利益があまり出ない時期が数年間あったりしますので、ある程度長い目なければいけないかもしれません。 ポートフォリオに入れておくといいと思います。 中上級者は他のEAと同様、パラメータの調整が可能です。


*EAパッケジ画像はイメージです。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る

スポンサードリンク