今週の経済指標(20190401)

今週の経済指標

今日から4月となりまして、欧州でもサマータイムになります。今までよりも指標などの発表が日本時間で1時間早く行われるようになりますので注意が必要です。

先月は最終週にやっと無料EAが活躍してくれたので利益を積み増しできました。

ポートフォリオ全体ではポンド系のEAは止めていることが多かったのが良かったのかもしれません。

今週の注目は、本日から明日にかけて予定されている「英・庶民院 EU離脱案審議・投票」、3日水曜日から予定されている「米中通商協議」、金曜日の「米国雇用統計」とカナダの「雇用関連指標」が挙げられます。

今週も状況に応じてですが、ポンド絡みのEAについては稼働を見送る予定です。(「英・庶民院 EU離脱案審議・投票」が終わってから考えます)

その他、一応注目している指標とイベントをまとめましたので、よろしければ参考にしてください。

*日時はJST(日本時間)です。

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 4月1日英・庶民院 EU離脱案審議・投票GBP
18:00欧・消費者物価指数HICP 速報値、失業率EUR
21:30米・小売売上高USD
23:00米・ISM製造業景況USD
火曜日
 4月2日英・庶民院 EU離脱案審議・投票GBP
12:30豪・豪準備銀行(RBA) 政策金利AUD
21:30米・耐久財受注USD
水曜日
 4月3日16:55独・サービス業PMI 改定値EUR
17:00欧・サービス業PMI 改定値EUR
17:30英・サービス業PMIGBP
21:15米・ADP民間雇用統計USD
木曜日
 4月4日20:30欧・ECB理事会議事録公開EUR
金曜日
 4月5日21:30加・雇用者数変化、失業率、貿易収支CAD
21:30米・非農業部門雇用者数、失業率、平均賃金USD

順に見て行くと、本日から4月2日朝にかけてだと思いますが「英・庶民院 EU離脱案審議・投票」が行われる予定です。

ブレクジットで振り回されることについては少々疲れてきましたが、やはり何が起こるか予想できないのと、もしその「何か」があった場合はポンドだけでなくユーロも巻き込んで突然大きく動く可能性があるので、最大限の警戒体制で挑もうと思います。

4月2日火曜日12時30分は「豪・豪準備銀行(RBA) 政策金利」があります。先日のニュージーランドの金融政策発表時のこともありますので、豪ドルを触っている人は要注意だと思います。

4月3日水曜日には、ワシントンにて米中通商協議が行われる予定です。いろんな情報が出てきていますが、実際にはどうなるのかはわかりません。状況によっては株式市場や為替市場に大きなインパクトになる可能性もありますので注目しています。

また、各国の「サービス業PMI」が発表されます。ドイツのPMIに反応することもあると思いますので一応いれて見ました。

4月4日木曜日20時30分に「欧・ECB理事会議事録公開」があります。

わかりませんが、なにか目新しいことが書かれていなければ状況的にスルー気味になるかもしれません。(指標スイッチになる可能性も否定できないので一応赤色にしましたw)

4月5日金曜日、21時30分は「加・雇用者数変化、失業率、貿易収支」「米・非農業部門雇用者数、失業率、平均賃金」です。

最近は米国よりカナダの方が良く動くことが多いような気もするので、指標トレードを狙っている人にとってはカナダドルもおもしろいかもしれません。

今週はこんな感じですが、先週に引き続き無料EAには頑張ってもらいたいと思います。

>>MT4無料EAトップページへ戻る








トップへ戻る