今週の経済指標(20180820)

今週の経済指標

先週はトルコ問題や貿易戦争絡みの問題などで、ボラティリティーがそこそこあったおかげで多くの無料EAはポートフォリオ全体としても非常に良い結果を残せました。

今週は「FOMC議事録」や「ECB議事録」の公開などもあるのですが、個人的には「トルコ問題」、「米中通商協議」と「ジャクソンホール会議」の影響が大きいのではないかと思います。

ジャクソンホールといえば去年はテーパリング問題でドラギ総裁に注目が集まり振り回されたのがつい最近のように感じます。

去年はイエレン前FRB議長でしたが、今年はパウエル議長の発言が注目されています。

その他、今週の重要そうなイベントをまとめてみましたので参考にしてみてください。

*日時はJST(日本時間)です。

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 8月20日15:00独・生産者物価指数PPIEUR
火曜日
 8月21日10:30豪・RBA議事録AUD
水曜日
 8月22日21:30加・小売売上高CAD
23:00米・中古住宅販売件数USD
23:30米・EIA石油在庫統計USD&CAD
米中通商協議USD
木曜日
 8月23日03:00米・FOMC議事録USD
16:00仏・製造業&サービス業PMI 速報値EUR
16:30独・製造業&サービス業PMI 速報値EUR
17:00欧・製造業&サービス業PMI 速報値EUR
20:30欧・ECB金融政策会合報告書EUR
21:30米・新規失業保険申請件数USD
22:00米・ジャクソンホール会議USD
22:45米・製造業&サービス業PMI 速報値USD
23:00米・新築住宅販売件数USD
米中通商協議USD
金曜日
 8月24日08:30日・全国消費者物価指数CPIJPY
15:00独・GDP 改定値EUR
21:30米・耐久財受注USD
22:00米・ジャクソンホール会議USD

純粋な指標でインパクトのあるようなものは少ないように思いますが、順に見ていきますと…

8月21日火曜日10時30分に、「豪・RBA議事録」の公開があります。スルーの可能性が高いように思いますが、豪ドルの政策金利はもう長い間現状の1.5%のまま変更されずにいますので、万一金利変更に繋がるような微妙なニュアンスでも感じ取れるような内容があった場合は、瞬間的にでも大きく反応する可能性もあるかもしれません。(たぶんスルーなような気もしますが…)

8月22日水曜日は9時30分に「加・小売売上高」の発表がありますが、カナダドルは非常によく動く事が多いように思うので、数字次第ではドカンと動くかもしれません。

また、22日と23日の2日間に渡って「米中通商協議」が行われる予定ですが、おそらく結構注目度が高いのではないかと思います。漏れ伝わるニュースなどで米ドルが大きく反応する可能性もあり注意が必要かもしれません。

日付が変わって8月23日木曜日、午前3時には「米・FOMC議事録」、8月2日に行われたFOMCの議事録が公開されます。政策金利とステートメントの発表時はほぼスルーだったことから、今回もあまり動かないのではないかと思います。

同日、8時30分には7月26日にあったECB理事会の議事録が公開されます。7月の理事会後のドラギ総裁の記者会見では当分利上げはしない趣旨の発言があったことから大きくユーロが売り込まれましたが、今回の議事録の内容も同じような感じの内容ではないかと思ったりもします。(反応はわかりませんが….)

今回はFOMC議事録よりもこちらのECBの方が動きそうな気もします。指標トレードを狙うならこっちかもしれません。

また、23・24・25日でジャクソンホール会議があります。まぁハードカレンシーはじめ主要国中銀の親分達が揃って話し合えば、何かしらの影響力はあるように思いますので気にはしています。

今週はこんな感じで本来の経済指標でインパクトのあるようなものは少なく、イベントのほうに注意が向いているように思います。

先週に引き続き、無料EAには頑張ってもらいたいと思います。

>>MT4無料EAトップページへ戻る








トップへ戻る