今週の経済指標(20190107)

今週の経済指標

年明けから波乱含みの展開で、あまり良い相場環境ではないような気もしますが、今週はどうなることでしょうか。

様子を見ながら明日の午前あたりからEAを稼働させようかと考えていますが……

とりあえずは、米国の株式市場が落ち着きを取り戻して欲しいと願っています。

経済指標ではないのですが、非常にヤバそうな匂いが漂っているのが今日明日に北京で開かれる「米中通商協議」です。もちろんこれ自体も重要だと思いますが、これに合わせて出てくるニュースや情報により米ドルや円が乱高下する可能性もあり、自動売買にとってはマイナスの要素ではないかと思います。

ドルストメインのポートフォリオの場合は影響が大きい可能性もあるので、ロットを控えめにするなりの対応をした方が良いかもしれません。

裁量トレードの場合でも、極端に言えばチャートから少しでも目を離すのであればストップロスオーダーは入れるようにした方がいいように思います。

その他、今週の経済指標をまとめて見ましたので、よろしければ参考にして見てください。

*日時はJST(日本時間)です。

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 1月7日米・米中通商協議USD&JPY
24:00米・ISM非製造業景況、製造業新規受注USD
火曜日
 1月8日米・米中通商協議USD&JPY
22:30加・貿易収支CAD
22:30米・貿易収支USD
水曜日
 1月9日24:00加・カナダ中銀(BOC) 政策金利CAD
24:15加・ポロズBOC総裁 記者会見CAD
24:30米・EIA石油在庫統計USD&CAD
木曜日
 1月10日04:00米・FOMC議事録USD
09:30日・黒田日銀総裁 発言JPY
22:30欧・欧州中央銀行(ECB)理事会議事録EUR
22:30米・新規失業保険申請件数USD
金曜日
 1月11日02:00米・FRBパウエル議長発言NZD
18:30英・月次GDP、鉱工業生産、製造業生産GBP
22:30米・消費者物価指数CPIUSD

順に見ていきますと、

1月9日水曜日、24時に「加・カナダ中銀(BOC) 政策金利」があり、その後にBOC総裁の記者会見があります。現状では据え置きと見られていますが、カナダ中銀は前科もありますので注意した方がいいかもしれません。

1月10日木曜日、早朝4時は前回12月に行われました米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録が公開されます。普通に考えてスルーぽいような気もしますが、市場がデリケートな状態にある時は、ちょっとした目新しい発言や数字に大きく反応する可能性もありますので、やはり注意が必要ではないかと思います。

同日9時30分「欧・欧州中央銀行(ECB)理事会議事録」があります。こちらもFOMCと同様ですが、やはり元々破壊力のあるイベントなので、それなりに注意が必要ではないかと思います。

1月11日金曜日、2時にFRBパウエル議長の講演があります。内容はわかりませんが景気や利上げに関連するような内容が含まれた場合は反応するかもしれません。

こうしてみると、今週はなかなかにスリリングな1週間なように思います。

VIX(恐怖指数)をトレードの参考にしている人もいると思いますが、その観点から見ても自動売買にはやや厳しい流れなのかもしれません。

様子を見ながら、焦らずゆっくりやっていくのが良いのではないかと思います。

今年も良い一年になってくれることを願います。

>>MT4無料EAトップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る