今週の経済指標(20190909)

無料EA

今週の経済指標(20190909)

先週はベージュブックで一旦止めて、それ以降は少ししか稼働させなかったこともあり、結果は地味ですがGoldが頑張ってくれたのがよかったと思います。

今週は目立つ経済指標やイベントとは少なめですが、「欧州中央銀行(ECB) 政策金利」〜「ドラギECB総裁 記者会見」があります。

ECBは当面の間は金利を変えないとしていますが、一応は注意しています。

ただ、ここ最近は米中問題についての要人発言や発表、トランプ大統領のツイートなどの影響が大きいので、「運まかせ」的な部分が大きいかもしれませんw

今週注目される経済指標とイベントをまとめてみました。

*日時はJST(日本時間)です。

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 9月9日17:30英・月次GDP、鉱工業生産、製造業生産、貿易収支GBP
火曜日
 9月10日10:30中国・消費者物価指数CPI、生産者物価指数PPICNH&AUD
17:30英・失業率 、平均所得、失業保険申請件数GBP
水曜日
 9月11日21:30米・生産者物価指数PPIUSD
木曜日
 9月12日20:45欧・欧州中央銀行(ECB) 政策金利EUR
21:30欧・ドラギECB総裁 記者会見EUR
21:30米・消費者物価指数CPI、新規失業保険申請件数USD
金曜日
 9月13日21:30米・小売売上高USD

順に見ていくと……

本日17時30分、「英・月次GDP、鉱工業生産、製造業生産、貿易収支」など、まとめて発表があります。ブレグジットでデリケートになっていると思うので、多少は反応するかもしれません。

9月10日火曜日、10時30分には「中国・消費者物価指数CPI、生産者物価指数PPI」があります。オセアニア通貨を触っている人は注意した方が良いかもしれません。

17時30分には「英・失業率 、平均所得、失業保険申請件数」があります。ブレグジットを前にして雇用状況の悪化があった場合などは、大きく動くかもしれないので要注意かもしれません。

9月11日水曜日、21時30分には「米・生産者物価指数PPI」があります。

この日は、いわゆるその「9.11」です。無関係な事故でも大きなニュースになるかも…という可能性はあるかもしれません。

9月12日木曜日、20時45分「欧・欧州中央銀行(ECB) 政策金利」、21時30分「欧・ドラギECB総裁 記者会見」、ドラギナイトです。

同時刻、21時30分に「米・消費者物価指数CPI、新規失業保険申請件数」もあります。予想値と大きく差がなければ動きにくいかもしれません。

一応、ECBのイベント前には一旦EAを止める予定です。

9月13日金曜日、21時30分は「米・小売売上高」がありますが、時間的にも既にEAを止めている人も多い時間だと思うのであまり影響はないかもしれません。

今週も無料EAには頑張ってもらいたいと思います。

>>MT4無料EAトップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る