今週の経済指標(20190916)

MT4 無料EA

今週の経済指標(20190916)

米中貿易戦争、ブレグジットなどデリケートな問題がある中、サウジでドローンによる攻撃で生産量が半減するというニュースが……世界の石油生産の5%以上って…((((;゚Д゚)))))))

【ドバイ=岐部秀光、ワシントン=中村亮】サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は14日、国営石油会社サウジアラムコの石油施設に対する無人機の攻撃によって、生産が日量570万バレル減ったと明らか

今週は何と言っても木曜日、FOMC〜パウエル議長会見、日銀〜黒田総裁会見、スイス・イギリスの政策金利などのイベントがあります。

いろんな要素が絡み合って環境分析はやりにくいので、今週は様子を見ながらやっていこうかと思います。

*日時はJST(日本時間)です。

今週の経済指標とイベント
日付時間経済指標(イベント)通貨ペア重要度
月曜日
 9月16日11:00中国・小売売上高、鉱工業生産CNH&AUD
火曜日
 9月17日国連総会 開幕
18:00欧・ZEW景況感調査EUR
22:15米・鉱工業生産USD
水曜日
 9月18日21:30加・消費者物価指数CPICAD
21:30米・建設許可件数、住宅着工件数USD
23:30米・EIA石油在庫統計USD
木曜日
 9月19日03:00米・FOMC政策金利USD
03:30米・パウエルFRB議長 記者会見USD
10:30豪・雇用者数変化、失業率AUD
未定日・日銀金融政策決定会合JPY
15:30日・黒田日銀総裁 記者会見JPY
16:30スイス・スイス中銀(SNB) 政策金利CHF
17:30英・小売売上高GBP
20:00英・英中銀(BOE) 政策金利、MPC議事録、インフレ報告GBP
23:00米・中古住宅販売件数USD
金曜日
 9月20日21:30加・小売売上高CAD

重要そうなものを拾っていくと……

9月17日火曜日から、ニューヨークにて国連総会が開かれます。いろいろ問題が山積していますが、ひょっとして荒れるかもしれません。月末までの予定なので心配ネタの一つになるかもしれません。

18時に「欧・ZEW景況感調査」、22時15分には「米・鉱工業生産」がありますが、予想と大きく乖離しないと動きにくいかもしれません。

9月18日水曜日、21時30分には「加・消費者物価指数CPI」、「米・建設許可件数、住宅着工件数」があります。

カナダの指標はよく動く事が多いので、狙っている人も多いかもしれませんが注意もしています。米国の指標についてはFOMC前なので、よほどインパクトのある数字でないと動きにくいかもしれません。

9月19日木曜日午前3時、今週のメインイベント「米・FOMC政策金利」、30分後に「米・パウエルFRB議長 記者会見」があります。

その次は「日・日銀金融政策決定会合」です。発表時間が注目される例のやつです。

12時30分以前の発表だと現状維持というかスルーのことが多く、発表時間が12時30分より遅れるとインパクトのある発表があると言われている……

15時30分には黒田総裁の記者会見が予定されています。

16時30分には「スイス中銀(SNB) 政策金利」

20時には「英・英中銀(BOE) 政策金利、MPC議事録、インフレ報告」と、もうてんやわんやです。

23時には「米・中古住宅販売件数」がありますが、今週のメインイベントが終わった後なので純粋に数字に反応するかもしれません。

9月20日21時30分、「加・小売売上高」で今週も終わりです。

今週は多くの中銀から金融政策発表があり、EAの稼働については要注意だと思います。逆に指標トレーダーにとっては勝負どころかもしれません。

また、従来どおりの米中問題やブレグジットなどの問題もあり、米中の政府要人の発言やトランプ大統領のツイッターによっても振り回されることも考えられると思います。

今週も悩ましい状況ですが、無料EAには頑張ってもらいたいと思います。

>>MT4無料EAトップページへ戻る








コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る