今週は木曜日から再びリスクオンの流れに

今週は木曜日から再びリスクオンの流れに

9月に入ってから、それまでとはガラッと流れが変わって、特にユーロドルでスキャルピングEAがトレンドと判断するような値動きが少なくなりまして、エントリーが極端に少なくなりました。

それと同時に、他の通貨ペアのスキャル系とブレイクアウト系が相場と噛み合わず、騙しに会う場面が多く見受けられるようになり我慢の状況が続いていました。

しかし、木曜日からは相場全体の流れがリスクオンに大きく傾きましてドル売り+円売りの流れが強くなり、ユーロドル、ドル円などは急に値を伸ばし出しました。

金曜日にはその流れをうまく捕まえて、久しぶりにスキャルピングEAは大きく利益を残せたようです。

残念ながら、私自身は金曜日は用事がありまして午前中でMT4を止めなければならなかったので、利益の半分も取れませんでした…   ○| ̄|_

<EURUSD_M30>

最近知ったのですが、ツイッターの世界では私のEAについてのツイートや戦績を公開している人などもいらっしゃりまして、その人たちの利用方法を見るとユーロドルを中心にパフォーマンスの良いEAを選んで使っているケースも多いようで、ここ最近の不調の影響はほとんど受けていない方もいるようです。

非常に感心したのは、私自身が苦戦しているにも関わらず、当サイトの無料EAをうまく利用して利益を積み上げている方が何人もいらっしゃるということです。

その方との違いは単純ですが、調子の悪い無料EAをポートフォリオに入れていない事と、ユーロドルメイン、次にドル円のようなのポートフォリオを組んでいることだと思います。

私としては、それぞれのEAに多少は思い入れがあったりして、なかなかEAをクビにできない面も少しはあるのですが、利用者の方はドライです。

EAに対して思い入れなどが無い分、純粋にパフォーマンスと効率のみで、私よりも厳しい基準でEAを選別している方が多いように思います。

その点は、私も見習うべきところだと感じています。

個人的に、もう少し頑張れば良くなるのでは….などと考えて、ついつい不調のEAを引っ張る傾向があるように思うので、一度ポートフォリオを洗い直して、少しスリム化した方が良いかもしれません。

EAの稼働方法は人それぞれですが、相場環境が合わない時は無理せずに、ロットを下げ気味にして様子を見たり、調子の出ないEAは止めてみたり、もしくはベッタリ休むのも良いかもしれません。

トレード経験がある人や、裁量トレードをされている方は環境分析ができる人も多いと思いますので、テクニカル的な動きと相場に方向性が出てきたタイミングでロットを戻したり再稼働させたりするのもアリかなと思います。

私は稀にですがスランプの時など、たまにメイン口座をしばらく止めることがあるのですが、ちょっと相場から距離を置いたところから冷静に相場全体を見つめると、新たな発見があったり、下がったモチベーションが復活したりすることが多いと思います。

私たちはプロのトレーダーではないので、ノルマなどもなく「休む」という戦術を使えるので、リスクを下げていい風が吹くまで待つのも良い戦略ではないかと思います。


しかしまぁ、ユーロドルもそろそろ方向間を持って動き出して欲しい所ですので、トレンドとボラティリティーアップを祈願して、またこの画像を貼っておきますw

>>MT4無料EAトップページへ戻る





コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る