今週の無料EAはポジション少なくトントン…

無料EA_スキャルピングIMG

今週の無料EAはポジション少なくトントン…

今週は無料EAにとって、なかなか良いチャンスがなくポートフォリオ全体でもポジションは少なく静かな展開でした。米中の貿易問題やシリア問題、FOMCなどもありやりにくくリスクも高かったように思うので結果的にはうまく切り抜けたと言えるかもしれません。

金曜日になってUSDJPY、USDCHF、GOLDのスキャルピングEAがポジションを取ったのですが、出かける用事があり、残念ながら手動決済しました。

タラレバですが帰ってきてからチャートを見ると、「もう少し時間があれば、もうちょっと取れたかな〜」といった感じでした。

無料EAの運用では、指標前や金曜日のポジションの決済をどうするかによって、微損〜微益の概ねトントンといった感じになったのではないかと思います。

ユーロドルのチャートを見てみると…

ユーロドルに関しては、先週は上げたり下げたりしながらも週末に向けて下がり続け、最後に反発して終わっていました。

今週はその流れを引き継がず水曜日まで上げ、その後急落して週末を迎えました。スキャルピングEAのトレンドフィルターによりポジションは取らなかったのですが、「Break-2」のEURUSDが久しぶりにポジションを取りました。結果は残念ながら深めの戻りで損切りになりました。「Break-2」は最近パッとしないので、パラメーターの調整で改善できないか検証してみなす。

今週の値動きでは、下手にポジると爆死するポイントがあるので、スキャリピングEAにとっては非常にデンジャラスな動きのチャートで、フィルターが甘いと結構騙されるパターンの値動きではないかと思います。

ドル円に関しては、金曜日にレンジを上抜けしましたが、それまでは上がったり下がったりのレンジでスキャルピングEAの出番はありませんでした。

冷静にチャートを見ると、やはり今週はガマンの展開だったかなーと思います。

話は変わりまして、金曜日に中国の貿易収支の発表があったのですが、前回は「+337.5億米ドル」で、市場予想の平均が「+275.0億米ドル」くらいでした。

で、実際に発表されたのが「-49.8億米ドル!」…..

米中貿易問題でトランプ大統領に忖度した数字なのでしょうかww

まぁ、そもそも中国が発表する数字は信頼性は低いので市場の影響は無いと思います。

で、来週は中国のGDPの発表がありますが、貿易収支はマイナスでもGDPはプラスとかになるのでしょうかwww

笑っちゃいけませんが、ニヤニヤしながら見てる人もいるのではないでしょうか。

今週は石油の価格がガンガン上がっていることもあり、急にシリア情勢がキナ臭くなってきたような気もしますが、政治要因で振り回されるのもそろそろ飽きてきたので、テクニカルがバッチリ決まる相場展開になって欲しいと思います。

4月も半分が終わりましたが、ポートフォリオ全体で微益、ほぼプラスマイナスゼロに近い状況なので、後半は頑張って欲しいと思います。

>>自動売買リアル戦記トップページへ戻る


コメントの入力は終了しました。