無料EAのパラメーターをアップデートしました(Break-1)

無料EA「Break-1」のパラメーターを更新

ポートフォリオの無料EA「Break-1」のパラメーターを微妙に更新しました。

「Break-1」については特にEURUSDの調子がイマイチでパラメーターのオプチ(最適化)をやっているのですが現状よりも改善させるのは、なかなか難しい状況です。

今回の更新は、インジケーターの設定値などの変更ではなく利用面での見た目の変更をちょっとだけ行いました。したがってパフォーマンスの劇的な変化はありません….というかほぼありません。

何を変えたのかと言いますと、たびたび利用者さんから要望があったのですが、今まではEAの内部で持っていて表示させていなかった「TP」(利確値)と「SL」(損切り値)を他の無料EAと同様にチャート上に表示するようにしました。

今までは問い合わせがある都度、「パラメーターのこの部分を変えると表示されますよ〜」とお答えしていたのですが、今後は表示させる方をデフォとしようかと思います。

個人的には複数ポジションを取った時など赤い破線が多くなりチャートが見にくくなるという面もあるので一長一短なような気もしますが、TP・SL値が見えた方が安心感があるかもしれません。

一応パラメーターのダウンロードリンクには両方のセットファイルを残しておきますのでお好みで使っていただいても良いと思います。

(セットファイルを適用させるまでもない些細な事かもしれませんが….)

今回アップデートしたパラメーターファイルは4点で、いずれも末尾が「201805.set」になっているファイルです。

すでにダウンロード可能なので興味のある方はご確認ください。

ついでと言ってはなんですが、「Break-1」の最適化を進めていた関係で新しいバックテストデータがあるので、「Break-1」のみですが、バックテストデータを更新しておきました。

*上記はレポートマネジャーで「Break-1」のバックテストを全て合成したデータです。

通貨や売買方向によってかなり性格が異なるので、運用資金がある程度ある方は個々の設定によってロットに差をつける参考にして見てください。

>>MT4無料EAトップページへ戻る





コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る